平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
日本で最初にシャッターマーキング、テントマーキングを開発し、40年余りにわたり弊社は一人でも多くの方々に、その高い技術と信頼で築いた実績を知っていただきたいと、フィルムマーキングに関して日々研鑽して参りました。1985年にはサイン・看板業を、2007年には内装仕上げ業の分野にも進出、これまでの技術力を活かしひとつひとつ実績を重ねていく所存でございます。
あらゆる場所で活躍しているフィルムマーキングを始め、各種看板の制作施工。車輌、船舶等のマーキング。従来は考えられなかった使用方法の提案も含め、これまで以上に業務の効率化と、益々重要視される自然との共存を大きな視野で捉え、皆様の満足度向上に努めてまいります。
皆様のより一層のご支援、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長   宇土 成生

社長略歴

1942年(昭和17年)4月、東京都蒲田区(現在大田区)生まれ。
強制疎開で岩手県盛岡市へ移住。
1961年(昭和36年)、岩手県立盛岡第一高等学校卒業。
1966年(昭和41年)、国立岩手大学工学部応用化学科卒業。
岩手県庁2年間、盛岡市役所4年間を経て、1972年(昭和47年)4月上京。
1973年(昭和48年)1月、株式会社エクスロード エー・ビー・アール設立。